炭水化物を摂る 有酸素運動 納豆 オクラ とろろな キノコ類 入浴法
更新:平成18年8月5日
HOMEHTI50食べ物ファッション生活デザインコスメ・健康スキルアップ趣味雑貨通信・家電レジャーペット
★こんにちは、お元気ですか? ご来店誠にありがとうございます。このホームページは、商品をご紹介致しており販売はしておりません。

   My Yahoo!に追加
   Yahoo ブログ
からだの痛みは
 ・ 酸素で健康
 ・ ダイエットで健康
 ・ スキンケアで健康
 ・ サプリメントで健康
 ・ 花粉紫外線防止
 ・ お茶で健康
 ・ 検査で健康
癒しを考える
毛髪の悩み
胸の悩みは?
日本特産グルメの旅
シルク
フォーマル 
Tシャツ
ブランドトップ
  TIFFANY
  PRADA
  エミリオ・プッチ
  Dior
  PRADA
  HERMES
  LOUIS VUITTON
家電品
モー娘
プロ野球携帯グッズ
 ご案内
カード決済サービス
 注目の良い子
プリペード携帯電話 
現在、プリペイド式携帯電話購入の際には指定の本人確認書類による、本人確認が必要となっております。お手数でもご本人確認書類をご用意になってお申し込み下さい。
新生活応援 
家庭で手軽にエステ
スキンケア・除毛 
便秘でお悩み? 
花粉症でお悩み? 
マイナスイオン効果 
ふとん丸洗い 
 パートナー
会員募集
懸賞で運試し
自動車保険比べる
生命保険比べる
大切な人への贈り物
お花の贈り物
結婚
出会い
無料出会い
ライブチャット
チャットレディ募集
いつも健康管理
安心コンタクトレンズ
楽しいお買い物
消費者金融
得しゃう宿泊
楽天トラベル
格安航空券
美容・スキンケア
美容整形相談
コスメブランド
ブロードバンド比較
レンタルサーバー
ダウンロード
不動産販売
一括引越しお見積もり
代理店募集
就職・転職
通信講座
投資・トレーディング 
投資・IP電話中継局

となりまちショッピングモール Store-mix.com となりまちショッピングモール Store-mix.com 間接報酬

欲しい物を入力し買う。
Store-mix.com

■「My Yahoo!に追加」ボタン
My Yahoo!に追加
   DJブログ
My Yahoo!に追加
   So−net ブログ
My Yahoo!に追加
   アメーバブログ
My Yahoo!に追加
   ウェブリブログ

 ダイエット人気品
 スキンケア人気品
豆乳ローション
マシュマロ美容液
トリートメント
コクレイ・ヘア-シャンプー
 消臭・口臭
ゼトール・タブレット
 電話比較
ビジネスホン
IP電話比較


ダイエットのご提案
P's ピースパーポライザー
ワンドロップ
エゴマ種子オイルソフト
パーフェクト・ダイエット
Lカルニチン
アルファリポ酸
GAPS6500
聴くだけダイエット
魔力茶
ジュエルヴォーグ
ナノクチュール7
テンピュール
飲む酸素
ファスティング
BOWS ダイエット
琉球黒酢(もろみ酢)
酸素
ダイエットコーヒー
プアラシン
ハダニーピュア
ハーブコーヒー
スピードシェイプ
ウエストスピードシェイプEX
美脚サプリ☆BK−1
(レッズ)劇的ダイエット
丹波黒豆茶
ヘビージュジュワー
ミラクルダイエットエース
ファットコントロール
GAPS/ギャプス
スリムエスティ
襟裳産・寒ふのり 
アンデスローズヒップティー
Smooth(スムース)
ウォーターコントロール
ウォーターダイエット
ゴーヤ・ゴーヤ茶
速くてゴメン 完結編
ココアダイエット
まんぷく寒天コーヒー
グルコファイバーEX
アミノボカン38
チョー乳酸ダイエット
ジュジュワー アイスコーヒー
すらっと寒天
リポ酸 Q10 L-カルニチン
GAPS6500 お試し
アロマでおいしくダイエット
バナダイエット130
飲むヒアルロン酸8100
SEVEN超ド短期ダイエット
スーパーダイエットグミ
マイスターバランス
Smooth(スムース)
プロワンダイエット

筋肉運動でダイエット
ラテラルサイトレーナー
メンタルサポートダイエット

無理なダイエットは禁物です。からだに合った方法で、たいせつなのは日常生活の体力を維持できることです。

中性脂肪が燃焼しないとダイエット臭で不快感に。規則正しい食事と汗をかく事で改善されます。

(1)炭水化物を摂る
ご飯などの主食を食べないでおかずだけ食べるのは間違い! バランスよい食事の中で炭水化物も摂ることが必要。 1日に必要なカロリー量は個人によって異なりますが、目安として、1日にご飯なら2杯半ほどは取る必要があります。
(2)有酸素運動をする
(3)効果的な食材
・有機酸を含む食品:酢、梅干、かんきつ類など ・フコイダンを含む食品:メカブ、もずく、コンブなど ・ネバリのある食品:納豆、オクラ、とろろなど ・キノコ類
(4)入浴法
・熱めのお湯(43〜44℃)にヒザから下とヒジから先を10〜15分間つける。 その後ぬるめのお湯(39℃)に入り手と足の「グーパー」を10〜20回繰り返し、そのまま10〜15分間入浴する
 ★体脂肪の基礎知識

 ★体脂肪ってなに?

 ■ 生命を維持するエネルギー源
最近は体脂肪計が普及しており、体重と同じように、体脂肪率を健康管理の目安にする人が増えてきています。 ところで皆さん、いったい体脂肪とはどんなものなのかを知っていますか?体脂肪をひとことで言うと、体についている脂肪の総称。じゃまもの扱いされがちですが、エネルギーの貯蔵や保温をする、臓器を支えるなど、生命を維持するための重要な役割を果たしているのです。
 ■ 2種類の体脂肪─皮下脂肪と内蔵脂肪
体脂肪は、体のどこにつくかで2つに分けられます。それが、「皮下脂肪」と「内臓脂肪」です。「皮下脂肪」は、皮膚と筋肉の間にたまる脂肪のこと。二の腕やヒップの下などについた皮下脂肪は、“ぜい肉”として美容の面では嫌われがちですが、保温やエネルギー貯蔵のほかに、外からの圧力を受け止めるクッションの役割を果たしています。また備蓄用のエネルギーであり、女性であれば、出産時などのエネルギーとしても使われます。一方の「内臓脂肪」は、文字通り内臓のまわりにつく脂肪のこと。臓器を支える大切な役割を持っていますが、これが必要以上に多いと、生活習慣病の原因につながるとも言われています。
 ■ 「肥満」は「生活習慣病」のキーワード
体脂肪はヒトの体にとって不可欠なもの。でも、たくさんたまってしまえば、体に悪い影響を及ぼすことも事実です。一般に、体脂肪が過剰に蓄積された状態を「肥満」と呼び、さらに過剰になると「肥満症」という立派な病気になります。 それ以上に深刻なのは、肥満が、糖尿病や高脂血症、高血圧などといった「生活習慣病」を招くことです。体脂肪がどのように蓄積されていくのか、またどのように減らせばいいのかを知って、毎日の健康管理に役立てたいですね。
 ★体脂肪がたまる原因

 ■ 「摂取エネルギー」と「消費エネルギー」とのバランス
「体脂肪が増える」ということは、中性脂肪が増加することです。では、中性脂肪はどのように体内に取り込まれ、どのように蓄積されるのでしょうか。 腸で分解された中性脂肪は小腸壁をくぐり、小腸の細胞の中で再び中性脂肪となります。そのあと血液中を運搬され、必要に応じて、筋肉や細胞でエネルギーとして使われます。 しかし食事をとりすぎたり、運動不足でエネルギーの消費量が少ないと(すなわち「摂取ネルギー」が「消費エネルギー」より多いと)、余分な中性脂肪が内臓の周囲や皮下の脂肪細胞に蓄えられ、体脂肪の増加につながるのです。
 ■ 脂肪細胞の数が増える─脂肪細胞増殖型肥満
体脂肪はたくさんの脂肪細胞で構成されています。太る理由のひとつに、この脂肪細胞の増加が挙げられます。脂肪細胞が増えるのは、妊娠末期の3カ月(胎児期)・ミルクで育つ乳児期・思春期に集中することが明らかになっています。この時期に太ってしまった人には、「脂肪細胞増殖型肥満」が多いと言えるでしょう。なお一度増えてしまった脂肪細胞は、減ることがありません。したがってこのタイプの肥満は、脂肪を落とすことがとても難しいのです。
 ■ 脂肪細胞のサイズが拡大する─脂肪細胞肥大型肥満
そしてもうひとつ、太るしくみの秘密が脂肪細胞に隠されています。それは、脂肪細胞そのもののサイズが大きくなることです。「脂肪細胞が大きくなる」とは、中に蓄積されている中性脂肪が増えるということ。たくさんの中性脂肪を抱え込んだ脂肪細胞は、まるで風船のように膨らみます。これは「脂肪細胞肥大型肥満」と呼ばれ、中年になってから太る人に多く見られます。 このタイプの人が脂肪を落とすことは、「脂肪細胞増殖型肥満」と比べて、それほど難しくはありません。食生活の見直しや適度な運動で中性脂肪が燃焼し、脂肪細胞を元の大きさに戻すことができます。
 ■ 遺伝と生活環境の影響
そして、遺伝についても忘れてはなりません。ある調査では「父親だけが太っている場合には約4割、母親だけが太っている場合には6割という確率で、子どもも太っている」という結果が出ています。ちなみに母親からの影響が強いのは、体内のエネルギー消費の効率を決める遺伝子は、すべて母親から譲り受けることが理由と言えます。 また母親が与える影響は、生活習慣の面でも少なくありません。家庭の食習慣を左右するのが母親だということを考えれば、想像に難くないでしょう。実際には、遺伝と生活環境の双方が要因としてそろった上で、5年10年という時を経て肥満体が完成するのです。
 ★体脂肪と病気の関係

 ■ あらゆる生活習慣病の要因に
「肥満」はなぜ怖いのでしょうか。それは、ひとことで言うと、さまざまな病気にかかる確率がグンと高くなるからです。統計によると、糖尿病で5倍、不妊症・胆石症では約3倍まで出現率が上がると報告されています。 さらに、糖尿病や高脂血症・高血圧症といった生活習慣病を引き起こす要因にもなります。生活習慣病は、一度発症すると完治するのが難しく、生涯にわたって治療が必要になります。「たかが肥満」とは思わずに、食生活に気を配るなどして予防するよう、心がけたいですね。
 ■ リンゴ型と洋なし型
『体脂肪がたまる原因』のページでは、脂肪細胞の特性に基づいた肥満の種類(脂肪細胞増殖型肥満・脂肪細胞肥大型肥満)についてお話ししました。実は、肥満の分類はこれだけではありません。「どの部分にたくさん脂肪がついているか」という体型でも分けられます。それが、「リンゴ型肥満」と「洋なし型肥満」です。 洋なし型肥満は、下腹部・ヒップ・太ももなどに脂肪がつくタイプ。洋なし型が蓄える脂肪のほとんどは皮下脂肪で、若い女性に多く見られます。一方のリンゴ型肥満は、胃やおなかのまわりに脂肪がつくタイプ。代表的なのが「ビール腹」で、内臓脂肪のつく太り方が多いのも特徴です。つまり、生活習慣病との関わりがより深いのは、リンゴ型肥満だと言うことができます。
遺伝子型ダイエットの詳細はこちら

 ■ リンゴ型肥満は「死の四重奏」の第1バイオリン
生活習慣病の中でも、上体肥満(リンゴ型肥満)・高血圧症・糖尿病・高脂血症の4つは「死の四重奏」とも呼ばれています。それは、これらの病気が互いに合併しやすく、しかも合併することでより加速度的に動脈硬化や心筋梗塞などを引き起こしやすくなるからです。中でもリンゴ型肥満は「第1バイオリン」とさえ言われています。リンゴ型肥満を放置しておけば、自覚症状のないままに動脈硬化が進み、寿命を縮めることになりかねません。「ただのビール腹だから」なんて言って、放っておくのは禁物ですよ!
遺伝子型ダイエットの詳細はこちら

 ■ 肥満に関わるさまざまな病気
ほかにも、肥満が関係するさまざまな病気があります。その一例を挙げてみましょう。
【高尿酸血症】
食べ過ぎや飲み過ぎで血中の尿酸が増え、排泄しきれないと高尿酸血症に。さらに尿酸値が高くなると、尿酸の結晶が関節にたまって激痛を起こす(痛風)。
【胆石】
胆汁の成分が固まってできる胆石は、肥満でコレステロール値が高い人に多い。
【いびき・睡眠時無呼吸症候群】
脂肪組織が空気の通り道を圧迫し、気道が狭くなっていびきをかく。突然死の恐れもある睡眠時無呼吸症候群は、激しいいびきが症状のひとつ。
【腰痛・変形性関節症】
重い体重が腰や関節に負担をかけ、腰痛や、股関節、膝関節の痛みや変形を引き起こす。 【不妊症、乳ガン】 体脂肪の中に女性ホルモンが蓄えられるため、ホルモンのバランスがくずれやすくなる。

 ★コレステロールの基礎知識

 ★コレステロールってなに?

 ■ 人間が生きていく上で欠かせないもの
コレステロールは脂質の一種で、中性脂肪やリン脂質の仲間です。血液中だけでなく、脳や内臓、筋肉、脂肪細胞など全身に広く分布しており、細胞膜を維持するという役割を持っています。あまりピンとこないかも知れませんが、ヒトの体が無数の細胞の集合であることを考えれば、その重要さが分かるでしょう。そのほかにも、筋肉や性機能を高めるホルモンや、食物の消化・吸収を助ける胆汁の材料にもなっています。 コレステロールと聞くと、あまり良くないイメージを持たれる方が多いかもしれません。しかし実際のところは、人間が生きていく上で不可欠な存在なのです。
 ■ 「HDL」「LDL」はコレステロールの種類?
コレステロールには「HDL」「LDL」と呼ばれるものがあることは、皆さんもご存じですね。しかし厳密に言うと、HDLもLDLもコレステロールそのものではありません。 そもそも脂質の1つであるコレステロールは、そのままでは血液に溶けないため、「リポタンパク」という球状の粒子に包まれて、血液中を移動しています。リポタンパクを“コレステロールという荷物を運搬するトラック”と考えるとわかりやすいかもしれませんね。HDLとLDLは、この荷物を積んだトラック(=リポタンパク)の種類をさすわけです。HDLに積まれたコレステロールは「HDLコレステロール」、LDLに積まれたコレステロールは「LDLコレステロール」と呼ばれているのです。
 ■ 「善玉」「悪玉」と呼ばれるわけ
HDLもLDLも、どちらもコレステロールを運ぶという大切な役割を担っていますが、その運び方の違いから、一般にHDLは「善玉」、LDLは「悪玉」と呼ばれています。 HDLには、全身の細胞で余ったコレステロールを回収し、肝臓に運ぶ機能があります。ここが「善玉」と呼ばれるゆえんです。一方LDLは、コレステロールを各細胞に運ぶのみで、余分なコレステロールを回収する機能を持ちません。このため、余分なコレステロールが血液中にたまり、それが酸化すると動脈硬化を促すので、「悪玉」とされているわけです。
 ■ 血中コレステロール値が健康の鍵
人間の体に不可欠なコレステロールも、過剰に蓄積すれば生活習慣病のもと。しかしコレステロールが体内にたまっても、初期症状や自覚症状が現れるわけではありません。そのため「気がついたときには手遅れ」ということも少なくないのです。健康診断の結果に注意して、病状の進行を防ぎたいですね。 また注意したいのが、「コレステロールは少なければ少ないほどいい」というわけではないことです。大切なのは、多すぎず少なすぎず。バランスのいい食事や適度な運動で適正に保ちましょう。
 ★中性脂肪の基礎知識

 ★中性脂肪ってなに?

 ■ 効率のよい備蓄用のエネルギー源
「お腹のたるみ」「肥満のもと」などと、とかくキラワレがちな脂肪。でも、一方では、エネルギー源になる、体温を保つ、衝撃から内臓を守る、など、体にとって大切なはたらきをしています。この脂肪組織の中に最も多く存在しているのが中性脂肪です。 中性脂肪は、糖質の2倍以上のエネルギーを持っています。体は非常時に備えて、この中性脂肪をせっせとためこむクセがあります。これは、栄養が十分にとれなかった昔、生命を維持するために備わったしくみですが、食生活が豊かになった現代の日本では、むしろ中性脂肪をため過ぎないよう注意することが重要になっています。
 ■ 体脂肪、コレステロールとどう違う?
「中性脂肪」と、「体脂肪」「コレステロール」との違いをご存知ですか? まず、この点から整理してみましょう。 体についている脂肪組織を総称して「体脂肪」と呼びます。「中性脂肪」はこの体脂肪のもと。つまり、中性脂肪が蓄積されると体脂肪になります。一方、「コレステロール」は、中性脂肪と同じ脂質の1つで、血液中を中性脂肪と一緒に運搬されています。中性脂肪がエネルギー源であるように、コレステロールも体の細胞膜をつくったり、ホルモンをつくったりする重要な役割をもっていますが、どちらも血液中の濃度が高くなると高脂血症と呼ばれ、動脈硬化を引き起こす原因になります。
 ■ 中性脂肪が体内にとり込まれるしくみ
中性脂肪はどのようなしくみで体内にとり込まれるのでしょうか。 まず、食事でとった中性脂肪のゆくえを追ってみましょう。食事でとった中性脂肪は、口の中や小腸でいったん消化、分解されて小腸壁をくぐり、再び中性脂肪となります。そして、血液中を運搬され、筋肉や臓器など全身の組織に行き渡ります。このときエネルギーとして使いきれずに余った分は、脂肪組織に貯蔵されたり、肝臓に取り込まれたりします。また、食べ物でとる以外に、中性脂肪は体内(肝臓など)でもつくられています。
 ★中性脂肪が増える原因
■ 食べ過ぎ、飲み過ぎ、それによる肥満 −食事で摂取したエネルギーがきちんと消費されないと、余った中性脂肪が体内に蓄積されてしまいます。食べ過ぎたり、運動不足でエネルギーの消費が少なかったりすると ■ 太れば太るほど中性脂肪は増える −肥満になると、たっぷりため込まれた脂肪組織から、中性脂肪の材料が血液中に放出され、肝臓で中性脂肪がつくられます。 ■ ストレス、喫煙、加齢 −食べ過ぎ、飲み過ぎのほか、ストレス、喫煙なども、体内での中性脂肪の合成を促進させるため、中性脂肪を増やす原因になります。また、年齢を重ねるにつれて肝機能が衰えるため、加齢も中性脂肪が増加する原因となります。

 次へ 
 UP 
日本特産品 E-Magazine メルマ メルマ結婚 まぐまぐ melcup めろんぱん カプライト メルマガ天国
食品特産 ファッション 生活雑貨 ・コスメ健康 家具インテリア 趣味ホビー レジャー 音楽街 PC家電品 ビジネス 動物ペット 美術芸術
HOMEHTI50食べ物ファッション生活デザインコスメ・健康スキルアップ趣味雑貨通信・家電レジャーペット
サイトの登録 マップ 訪問販売法の表示

Copyright © 2006-2000:LEOPARD-sendai
Google
 
Web brandsendai.fc2web.com

ブランドショッピング 仙台BRAND
Copyright © 2011-2000:LEOPARD-sendai
FC2 [PR] キャッシング 冷え対策 ヤスオク 動画 無料レンタルサーバー SEO